新しい仔をお迎えしました。 ひなたさんのブログはこちらになります。

2013年05月26日

無題

放鳥中は常にきさを見つめているよ♪状態でした。
目を離さず、常に手元で一緒に遊んでいました。
だからかきさは、何かあったら絶対に私が助けてくれるはず!と確信を持ってたんですよね。
例えばきさちーパークでスパイラルパーチをよじ登ってそれ以上登れないし、降りられなくなった時。
例えば足場の悪いところで身動き出来なくなった時。
そんな時はくちばしで体を支えて、こちらに向かってピッピッピッと足が差し出されるんですよ。
何をしてるかと云うと、私の手を探して掴もうとしてるんです。
絶対に私の手があるはず!と確信を持っていて、下手するとくちばしだけで体を支えて両足外してぶら〜んとぶら下がろうとすることも。
待てきさ早まるな!(笑)
確かに万が一きさが落ちても大丈夫なようにと、常に下に手を添えてスタンバイしてたけども。
本当に絶対的な信頼を寄せてくれていたんだなぁと思います。
なのにきさらさん、薄情なことに夢にも出てこない。



ホント、薄情だよね…
ニックネーム なお at 01:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする