新しい仔をお迎えしました。 ひなたさんのブログはこちらになります。

2013年06月06日

無題

きさらさんの鳥かご、3ヶ月もそのままなのにほとんどほこりがたまっていない。
えさ入れのフタの上とか、結構積もっているのに。
置いてる場所にもよるんでしょうけど、なんか不思議です。
入り口の扉は開けてあるし、実はきさが中に入ってるのかな(笑)
でもさっさと成仏したらしいし。
なんかね、知り合いの霊視?みたいなことが出来る人が云ってました。
その人は霊感が強くて、色んなものが普通に見えるらしいです。
ちなみにその人曰く、きさも見える仔だったらしいですよ。
昔云ってました。
でね、その人が云うにはきさは遺伝子が欠けていて、ホントは5年くらいしか生きられない体だったらしいです。
でも私が大事に飼ってたから、頑張って7年生きてくれたんだって。
きさを失って落ち込んでた時に云われました。
云われてみれば、1年の半分以上は頭やら何やらがハゲていたし、異常なほどの寒がりだったもんねぇ。
特に寒がりなのはすごくて、鳥かごの温度計が28度くらいあっても40wの保温電球に張り付いていて「きさ、頭煮えるぞ」って感じだったんですよね。
下手すりゃ35度くらいはあったんじゃないの?
今考えてみると、ちょっとおかしかったかも〜?
あと3歳以降まったくといっていいほど発情しなくなったのも。
まぁ、それだけだったら悲しんでる私を慰める為に云ってくれてるんだろうな〜って聞き流したんですけど、きさと一緒に入れてあげたおもちゃと穂のことまで云い当てたんですよ。
おもちゃは山ほど持ってるし、一緒に入れたことすら云ってないのに。
それなのに「こんなおもちゃ持ってるけど一緒に入れてあげた?、おやつの穂も一緒に入れてもらって嬉しいって喜んでるよ」って。
きさはちゃんとお気に入りのおもちゃとおやつを持って行ったらしいです。
その系の話は否定もしないけど肯定もしないって感じなんですけど(私は見えないし感じないから。それにきさならともかく、もしホントに後ろに血だらけの幽霊が立ってて、そしてそれが見えたら怖いじゃん!!)これに関しては信じてもいいかなって。
きさは幸せだったんだって。



それなら良かった。
ニックネーム なお at 23:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

無題

可愛い可愛いきさらさん。



ふくふく〜っとしてて、むっぷりしてて。
何故か額が割れてるのがチャームポイント♪
手のひらサイズで、とっても可愛かった。
ちょうどすっぽりと両手に収まるんだよね。
またあんな仔が欲しいなぁ…
良くも悪くもきさのいない時間に慣れてきてしまったよ。
ねぇきさ、次の仔をお迎えしたらきさは嫉妬する?
それとも気にしない?
きさみたいな可愛い仔が欲しいの。
でもなかなか思うような仔には出会えないんだよね。
まだお迎えするのには早いってことなのかな?
でも次にまたお迎えをするのなら、やっぱりコザクラがいいな。
あのしっぽが短くて、丸々〜っとしてるフォルムが可愛いの。
あのちょっと指が痛くなるけれど、ベタ慣れになる性格が可愛いの。
きさが帰ってきてくれたら話は早いのにね。



相変わらず、夢にも出てきてくれないきさらさんです。
ニックネーム なお at 23:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

無題

動物病院には何度もお世話になりました。
うちに来てからすぐにも行ったし、最後の方は何度も行ったし。
うちから車で約5分、自転車で10分ほどのところに2軒あります。
最初はひとつだけだったんですけど、途中で気が付いたらもう1軒出来ていました。
どちらも鳥専門病院ではなく、鳥も診れる普通の病院です。
幸い平日の休みはかぶってないんですが、どちらも祝日は休みです。
ちょっと惜しい(笑)
でも2軒目が出来ていたおかげで、去年の夏死にかけたときに1軒目が休みでも駆け込むことが出来ました。
それで命拾いしたと思っています。
今思ったらあれかな?
ホントはあの時死んじゃっててもおかしくなかったんですよね。
あんな風にくちばしがまったく削られることなく丸ごと伸びてくるくらい、1ヶ月以上自力で何も食べられなくなったんだから。
3日で一気に5g、1ヵ月半で計16gも体重が落ちちゃったんですよね。
それを必死のパウダーフードの強制給仕で何とか回復してくれて。
だからあとの半年間は、おまけだったのかな?
最後に私に残してくれたプレゼントだったのかな?
なんかそんな風に思うよ。

hVFTS0158.JPG

鳥専門病院は、電車とバスを乗り継いで3時間かそれ以上の場所にあります。
本も書いてるくらいの結構有名で、腕のいい獣医さんのいる病院です。
遠方からわざわざ来る人も多いみたいです。
きさを連れて行ったことはありませんが。
昨年の夏、きさが死にかけたとき結局原因は不明でした。
最後の時も原因は不明でした。
毎回「あえて云うならもう年だから」と云われていて、まだそんな年なんかじゃないよ!と内心思っていました。
もしきさを鳥専門の病院連れて行って診てもらったら、なにかしらの病名がついたのかもしれません。
もしかしたらもっと他の治療をしてもらって、もっと一緒にいられたのかもしれません。
でも正直しんどい状態の時に、そこまで連れて行くのは無理ですね。
車で5分でも帰ったらぐったりしてましたし。
どちらが正しかったのかは、今でも分かりません。
でも病院、とりあえず診てもらえるところがあるってとても大切だと思います。



きさを思い出して泣く事もなくなってきて、もう大丈夫だと思ってたんですけど。
過去の記事を読み返しながらこれを書いてました。
そしたら私まだこんなにも泣いちゃうんだーって。
あんなに可愛くて元気だったのにって。
自分が思うほど、まだ大丈夫じゃなかったのかな…
まだ寂しくて辛いね。
ニックネーム なお at 23:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

無題

きさらさんはおもちゃ持ちさんでした。



鳥かごの外も中も、ホントたくさんのおもちゃを持っていたんだよね♪
最初市販されてる鳥用のおもちゃは、なかなかいいのがなかったんですよ。
だから綿棒とか耳かきとか、あとキーホルダーなんかで遊んでました。
要らなくなったネックレスの止め具も、最初は食い付きは良かったですね。
でも飽きちゃうんですよね〜
あとは小さなボールとか。
猫じゃらしなんかもおもちゃにしてました。
あと髪留めもかなりのお気に入りでした。
ツボ押しに使って良し、戦っても良しの優良品♪



これは最後までのお気に入りです。
色々きさの気に入りそうなおもちゃを必死に探してました。
途中からは鳥のおもちゃ専門店のとりまに☆さんに出会って、一気にきさのおもちゃは充実です。
こんなのとか。



こんなのとか。



こんなのとか。



鳥かごの外で一緒に遊べるおもちゃが色々あったのが特に良かったですね。
もちろん鳥かご内にも、可愛いおもちゃがいっぱい。
きさの好きそうなのはどれかな〜と色々考えながら選ぶのは、とても楽しかったです。
きさは赤系とマンチボール系が好きだったんだよね〜♪
ホントたくさん持ってたよね。
ニックネーム なお at 00:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする